薬剤師転職

    薬剤師の転職を家族から反対された時の対処方法

    転職に際し、不安はつきもの。

    薬剤師と言えど、その不安は例外ではなく、家族もあなた同様、もしくはあなた以上に、転職について心配をしています。

    本記事では、なぜ家族はあなたの転職について反対してくるのか、その理由について考え、あなたの転職を応援してくれる味方にできるよう解説していきたいと思います。

    薬剤師転職を反対されないために転職理由を明確にする

    まず、あなた自身が転職を希望する理由を明確にしましょう。

    年収や待遇の問題として、もっと給料を上げたいとか、キャリアアップを目指したいから、など、ポジティブな理由な場合もあれば、職場の人間関係が嫌だ、労働時間が長くて辛いなど、ネガティブな理由もあるでしょう。

    ポジティブな理由、ネガティブな理由、どちらでも大丈夫です。

    大切なのはきちんと転職希望理由を明確にして言語化することです。

    あなたのことを大切に思ってくれている人ならば、たとえ職場の先輩の薬剤師から毎日ひどく扱われて辛いといったネガティブな理由であっても、あなたの体調を心配し、あなたの転職を受け入れてくれるでしょう。

    一方で、なんとなく転職したいな、って感じであれば間違いなく反対されます。また、あなたの転職も満足のいくものにはならないと思います。

    まずは、「なぜ私は転職がしたいのだろう」という理由を明確にしましょう

    転職に反対する理由について考える

    家族、妻や夫(彼女や彼氏)、両親の反対理由

    配偶者や両親があなたの転職を反対する大きな理由の一つとして、金銭的な不安が挙げられます。

    パートナーであれば共に暮らす自分の豊かさに直結しますし、家計を別にしている両親であっても、あなたが金銭的な面で不幸にならないか心配し、転職に反対されるでしょう。

    もしあなたの転職理由が転職をすることで、年収アップが期待できたり、昇進の見込みが期待できるのであれば、その旨を伝えましょう。

    「転職しても必ず昇進できる見込みなんてないんでしょう」なんて言われるかもしれませんが、大きな反対の姿勢は取らなくなってきます。

    また心配を押し切るための保険材料があると説得に効果的です。

    具体的には「これぐらいの貯金があるから問題ない」「子供にお金がかかる時期は回避できる」「給料は下がるけれど福利厚生として家賃補助や育児手当が出るから問題がない」といった安心材料があれば、金銭的な不安は軽減されます。

    説得に際し、準備や調査を入念にしておきましょう。

    また、居住地が変わることについて大きなストレスを感じる方も少なくありません。

    特に女性の方は、狩りのために野山を駆けていた男性と異なり、巣を守ることを大切にしていたため、自分の居住空間をとても大切にします。

    転職をすることで引越しをする必要がある場合は、半年から1年程度の説得が必要かもしれません。

    場合によっては、あなただけ単身赴任のようにした方が説得が効果的かもしれません。

    長期戦を覚悟して、パートナーのストレスにならないよう、時間をかけて説得をしましょう

    上司の反対理由

    これはもう簡単で、あなたがいなくなると運営・経営に支障が生じるからです。

    たとえ普段辛く当たってくるような上司や管理薬剤師でも、薬剤師が一人減るとなると仕事の負担も増えるため、たいていの場合は反対してきます

    ですので、あの手この手であなたの転職を反対して働いてもらおうとするでしょう。

    もちろん中にはあなたの事を本当に大切に思っていて、かつ、あなたの転職があまりあなたの為にならないと考えて、反対してくる方もいるでしょう。

    あなたに対して好意的であっても、好意的でなくても、結局のところ上司は他人です。

    転職するかしないか、あなたが責任をもって、あなたの人生の舵を切りましょう。

    薬剤師転職を反対されないためのまとめまとめ|話し合いましょう

    • 1.あなたの転職理由を明確にしましょう。
    • 2.家族の不安を明確にしましょう。
    • 3.上司の引き止めは気にしないようにしましょう。
    薬剤師転職サイトランキング【2020年最新比較】 本記事の内容 約5分で読み終わります。やや長いですが、薬剤師転職のおすすめサイトから転職サイトの利用法まで本記事のみで...

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です