企業研究

    ドラッグストア薬剤師の仕事内容

    今回の記事では、ドラッグストアでの仕事内容や年収の相場メリットやデメリットなどについて簡単に解説します。

    ドラッグストアで働くことに興味のある薬剤師さんに参考になれば幸いです。

    1.ドラッグストア薬剤師の仕事内容

    1-1.調剤業務、在宅医療

    大まかにドラッグストアには調剤併設と調剤併設でないものがあります。

    調剤併設の調剤部門では、調剤薬局と同様に外来の対応を行います。

    クリニックや病院の医師から処方箋をもらってきた人へ薬を提供したり、服薬指導をしたり、薬の在庫チェックや棚への品出しなどを行います。

    在宅や老人ホームなどの施設への在宅医療を行う場合もあります。

    依頼を受けた処方せん調剤以外に、OTC薬品やガーゼ、絆創膏などドラッグストアで取り扱っているものも併せて持参できるという、ドラッグストアならではの特徴があります。

    1-2.OTC医薬品の販売管理、一般商材の販売

    調剤以外では、OTCの販売管理がメインの仕事として挙げられます。要指導用医薬品や、第一類医薬印の販売において、お客さんに医薬品の指導を行います。

    また、多くのドラッグストアでは食料品や日用品を取り扱っており、これらの品物の陳列やレジ打ちも薬剤師が行うことは多いです。

    店舗や企業によっては、むしろOTC医薬品の指導よりもレジ打ちがメインになってしまうこともあります。

    OTC医薬品で総合的な知識をつけたいと思っている方が、レジ打ちがメインの店舗に配属されてしまったりすると、やりがいが見いだせず、うまく行けば異動、悪いと転職などに陥ることが多いです。

    1-3.ポップの作成

    あまり知られていない点として、商品ポップの作成を薬剤師が行うケースが多いです。

    プライベートブランドを強みとして全面に推している企業もありますので、そのような企業においてはポップの作成を頻繁に行います。

    特に新人のうちは仕事が回ってくることが多いので、推売商品の陳列の仕方などと合わせて、いわゆる薬剤師業務以外の仕事も行うことになります。

    マーケティングや営業のスキルを身につけたい方にはとてもよいチャンスですが、薬剤師業務に専念したい方は負担に感じるようです。

    2.ドラッグストア薬剤師の平均年収

    ドラッグストア薬剤師の年収の相場はおよそ450万円~750万円、フルタイムで働いている方のボリュームゾーンだと500万円~600万円と言われています。

    一般的に、40代で700万円前後で頭打ちになります。マネジメント職などに異動すれば、昇給も見込めますが、薬剤師として勤務する場合は年収1000万などは難しいでしょう。

    新卒の薬剤師の初任給の一例は以下のとおりです。

    • スギ薬局   :318,000円
    • マツモトキヨシ:337,000円
    • ウェルシア  :355,000円
    • ツルハドラッグ:321,640円

    大手のドラッグストアはいずれも30万円以上です。

    初任給に若干の差はありますが、30代前半ぐらいになると、いずれも横並びになります。初任給が高い=ずっと他のドラッグよりも給与が高い、ではないのでご注意ください。

    なお、転職前提の方や出産を機にパートタイムとして勤務することを考えている方は、若いうちに給与がたくさん貰えたほうががスタートダッシュが効くので、初任給が高い企業を選択する方が多いです。

    なお、給料が安くて有名な病院薬剤師ですが(失礼ですね💦)、堅実に右肩上がりをするので40代ぐらいからドラッグストア薬剤師の年収を超えるケースは少なくないです。

    3.ドラッグストア薬剤師の勤務形態

    基本的にドラッグストアでは、シフト制を採用している場所が多いです。

    そのため朝は11時から出勤、夜は10時まで勤務というケースは少なくありません。また、24時間勤務の店舗では夜勤勤務をすることもあります。

    また、土日完全休日ではなく、月に8日休み制の企業もあります。

    自身のライフスタイルに合わせた働き方ができると言えますが、一方で人手不足の職場に配置されてしまいますと望まない早朝勤務や深夜勤務を課せられてしまいます。

    自分はどのような働き方を望んでいるのか、どのような働き方だとパフォーマンスが上がるのかをよく考えて、企業や店舗を探すことをおすすめします。

    4.ドラッグストアで働くメリット

    4-1.OTC医薬品の処方|やりがい

    ドラッグストア薬剤師の一番の醍醐味は、OTC薬品の処方ではないでしょうか。

    医師が処方した処方箋を介して薬を処方するではなく、薬剤師が患者さんの症状から自ら考えて薬を決める業務はOTC医薬品の処方のみと言っても過言ではありません(もちろん疑義照会など処方箋を介した場合においても思考されていますが)。

    これからはセルフメディケーションの推進がさらに進行します。その様な時代において、OTC医薬品の知識があることは大きな強みになると言えるでしょう。

    4-2.高年収、福利厚生

    先にも述べましたが、ドラッグストアは調剤薬局や病院よりも高年収である場合が多いです。

    また大手のドラッグストアでは福利厚生が手厚いです。

    有給がほぼ間違いなく取得できますし、産休や育休もほぼ100%取得可能です。企業によっては子供が小学生の中学年まで時短勤務可能な企業もあります。

    家賃補助も手厚く、家賃の8割を会社が負担、社員負担1万円のみで残りの家賃を全て会社が負担してくれる、なんてこともあります。

    他には、女性に優しい生理休暇などを設けている企業もあります。

    これらの高待遇は調剤薬局や病院勤務では得られない場合が多く、ドラッグストア薬剤師の大きなメリットといえます

    5.ドラッグストアで働くってデメリット

    5-1.薬剤師以外の仕事|ノルマがつらい

    本部からの指示された商品を売らなければならない場合が多く、企業によってはマニュアルがあったり、ノルマが課せられている場合があります。

    また売上を上げるために、商品の陳列の方法なども設計するため営業やマーケティング的なスキルも必要となるます。

    その様な仕事がしたい方には良いかもしれませんが、薬剤師の本業と関係ない仕事のため、比較的多くの薬剤師さんは負担と感じているようです。

    5-2.シフト制が負担|日曜勤務がつらい

    シフト制のため休みが固定されないため、休日や祝日も出勤することになるケースが多いのがデメリットとして挙げられます(特に若手のうちは)。

    営業時間が長いので夜10時まで勤務したり、場合によっては深夜に勤務するなんてこともあります。

    家庭の都合などより、一般的なビジネスマンのような、9時~18時の勤務時間を希望する方には負担かもしれません。

    ドラッグストア 売上高ランキング(2019年度)薬剤師の皆さん、薬剤師候補生の薬学部のみなさんにとって、ドラッグストア業界は調剤薬局業界や病院業界と並んで、とても人気のある業界です ...
    薬剤師転職サイトランキング【2020年最新比較】 本記事の内容 約5分で読み終わります。やや長いですが、薬剤師転職のおすすめサイトから転職サイトの利用法まで本記事のみで...

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です