薬剤師転職

    薬剤師転職サイトランキング【2020年最新比較】

    本記事の内容

    • 約5分で読み終わります。やや長いですが、薬剤師転職のおすすめサイトから転職サイトの利用法まで本記事のみでわかるようになります。
    • 2020年5月のおすすめの薬剤師転職サイトがわかります。
    • 体験談からわかった、各薬剤師転職サイトの強みがわかります。

    それでも読むのが面倒な人へのまとめ

    「薬剤師転職サイトで一番良いのはどれだろう」「初めての転職、失敗したくないな」と考えていませんか?

    高待遇と言われている薬剤師界隈でも、自分の価値観と合わない転職をしてしまう方は少なくありません。

    元医療系メディアにて転職案件を担当し、現在では大学教員として数多くの薬剤師と繋がりを持つ管理人が、おすすめの薬剤師転職サイトについて解説します。

    誰もが使うようになった薬剤師転職サイトの効率的な利用方法を学び、転職活動を円滑に進めましょう。

    薬剤師転職|失敗も後悔もしないために

    まず転職ランキングについて語る前に、他サイトの転職ランキングサイトで語られないこととして、重要なことを一つ述べます。

    それは転職サービスを実施している企業毎ごとにコンサルタントには特徴があり、転職においてコンサルタントと自分との相性はとても重要であるということです。

    特に初めて転職を経験する方は、この「コンサルタントとの相性」をとても重要視してください。

    私もそうでしたが、初めての転職の際は右も左も分からないので、コンサルタントの方にリードして自分の要望を聞き出してもらったり、転職方法について教えてもらうことになります。

    その際、初めての転職だからしっかりと対応してくれるのか、それとも、初めてでよくわかってなさそうだから適当な案件に結びつけようとするのか、どちらのコンサルタントに巡り合うかで、あなたの転職は大きく変わります。

    当たり前ですが、コンサルタントは仕事で求人を案内しています。

    彼らは転職を成功させる、つまり制約させると報酬が入ります。そのため、コンサルタントによっては、多少合わない案件でもゴリゴリ進めようとする人も一定数存在します。このゴリゴリ来るか否かは個人の性格にもよりますが、企業の性格にもよってきます。

    自分の求めてる求人ではないことを伝えた時、無理に勧めてこないか、等はとても重要です。

    転職は一つの人生の大きな転機になるはずです。大変だからといって、合わない転職サービス、合わないコンサルタントにその大きな人生の転機を任せるのはナンセンスです。

    場合によってはコンサルタントを変えて欲しいと言ったり、別の転職サービスを利用するといったことも視野に入れて行動してください。

    そうすると、自分の希望に合った転職が叶うはずです。

    薬剤師転職サイト|おすすめサイトランキング

    ランキング1位|薬キャリ
    東証一部上場のエムスリーグループが運営する、薬剤師転職業界ではNo.1の実績を誇る転職サイト。
    特徴1求人案件数 50,000以上
    特徴2ユーザー数は9万人越え
    特徴3病院・企業への転職案件も豊富。ママ向け案件あり

    登録する

    ランキング2位|ファルマスタッフ
    日本調剤株式会社の子会社であり、業界初の薬剤師専門人材派遣会社であるメディカルリソース社が提供する転職サイト。
    特徴1求人案件数 60,000以上
    特徴2豊富な高給与案件
    特徴3職業紹介優良事業者認定。教育支援プログラムあり。

    登録する

    ランキング3位|ヤクマッチ
    薬剤師免許を持っているコンサルタントが数多く在籍。さらに国家資格のキャリアコンサルタントをもった方も在籍。
    特徴1求人案件数 50,000以上
    特徴2薬剤師免許保有者がコンサルタント
    特徴3丁寧なヒアリングで高いマッチング

    登録する

    ランキング4位|マイナビ薬剤師
    マイナビ薬剤師
    日本の求人業界の最大手の一角であるマイナビが展開するサービス。求人の豊富さに加え、転職に対してのコンサルタントの質の高さが有名。企業案件も多くMRなどへの異業種転職にも強み。
    特徴1求人案件数 60,000以上
    特徴2あらゆる業界の求人に対応するマイナビが実全する異業種転職
    特徴3全国の主要都市に支店があり、地方在住の方にもおすすめ

    登録する

    薬剤師転職サイトの解説|体験談あり

    薬キャリ (旧:エムスリーキャリア)

    薬キャリ (旧:エムスリーキャリア)の概要

    東証一部上場のエムスリーグループが運営する、薬剤師転職業界ではNo.1の実績を誇る転職サイトです。

    エムスリーグループは医療業界にITプラットフォームを持ち込んだ、さきがけ企業であり、情報戦において非常に強みを持つ企業です。

    もともとは医師専門のSNSサイト(医師会員25万人以上)を構築して病理診断などの情報共有、相談、専門医師への患者紹介などを行っていましたが、その情報網をもとに治験の入口から出口までをトータルでサポートする「治験君」を展開、さらに医師の転職求人サービスを運営しています。

    「治験君」の他に「MR君」などもあり、薬局やドラッグストアのみならず、病院や企業においても強いパイプラインを持つのが特徴です。

    またエムスリーグループは世界で最も権威ある経済誌の1つである「フォーブス」が毎年発表している「世界で最も革新的な成長企業」ランキングにおいて、2017年に世界5位、日本1位に表彰されており、価値有るサービス提供において非常に評価されている企業です。

    そのエムスリーグループが展開する「薬キャリ」も評判がとても高く、顧客満足度93%、薬剤師登録者数No.1を掲げています。

    薬キャリの口コミ

    複数の転職サイトに登録しての感想として、コンサルタントの方がとても親身であり、こちらの意向を組んだ提案をしてくれました。紹介いただいた求人は、こちらの想像を越えるものも多く、また対応もとても迅速で、コンサルタントの方にはとても感謝しています(20代女性; 病院→薬局)。
    子供が少し大きくなり手がかからなくなってきたため求職活動としてサイトを利用しました。「mamaキャリ」として、時短勤務が整っている案件や自宅から近場でシフトが柔軟な案件を紹介してくれてとても助かりました。また電話とメールのみで対応いただけ、転職活動がサクサク進んだのも嬉しかったです。(30代女性; 育児のため離職→薬局)
    薬キャリの特徴
    • エージェントの質の高さ
    • 素早い対応
    • 病院向け、ママ向けなど多様な求人案件のフォロー

    ファルマスタッフ

    ファルマスタッフの概要

    ファルマスタッフはあの日本調剤が運営する転職サイトです。薬剤師の皆さんにとって、日本調剤いわゆる日調について改めて説明する必要がありませんね

    日本調剤が運営するため、薬局関連の求人が豊富という特徴があり、掲載している求人数が薬剤師業界No.1であり、相談満足度も非常に高い評価を得ています。

    また、あまり知られていませんが、日本調剤は薬局を展開するだけでなく、医師が開業するためのコンサルタント業を行っています。

    どれぐらいの来院率がその立地で生じるか等を細かく分析して、医師にプランを提案するのがコンサルタントです。従って、分析力や交渉力に優れたコンサルタント人材を育成するノウハウが日本調剤には整っています。

    その様な背景が関係しているためか、年収600万円以上時給4000円以上といった高額案件の求人が豊富なのが、ファルマスタッフの特徴です。

    実際に面接の際には、ファルマスタッフのコンサルタントが同行し、収入面について
    その場で交渉することもあるそうです(採用側からすると恐ろしいですね、、笑)。

    また、派遣求人なども多いのが特徴です。したがって、正社員ではなく派遣での募集を希望している方においては、ファルマスタッフの登録は特にオススメだと言えます。

    ファルマスタッフの口コミ

    話には聞いていたけれど、本当に面接の際に同行してくれで、とても驚きました。当日の賃金アップの交渉のみならず、事前の履歴書の確認なども丁寧にしてくれて大変ありがたかったです(20代後半男性; 薬局→ドラッグストア)
    育児のために離職していたものの、再び正社員で薬剤師として勤務したくなり、ファルマスタッフに登録しました。あの日調の系列会社のためか、求職活動中にも教育支援プログラムなどでスキルアップが可能な環境が提供されており、とてもお世話になりました。(30代後半女性; 育児のため離職→薬局)
    ファルマスタッフの特徴
    • 豊富な高給与案件
    • エージェントの交渉力の高さ
    • 教育支援プログラム

    ヤクマッチ

    ヤクマッチの概要

    ヤクマッチは、医療従事者や教育支援や企業経営のコンサルティングで大きな規模を誇るスプリングフィールド株式会社が運営しているサービスです。

    人材の教育支援を主な事業内容としているため、他の転職サービスと比較してコンサルタントへのこだわりがすごいです。

    薬剤師免許やキャリアコンサルタント資格の保有者が転職コンサルタントとして数多く在籍されており、薬剤師の皆さんの気持ちがよく分かる転職支援や、今後のキャリアパスを想定した転職支援を実現しています。

    強引な転職の進めが全くないことに定評があり、転職希望者ーコンサルタントー転職企業との満足のいくマッチング率の高さが大きな特徴です。

    求人案件も50,000件以上と業界トップクラスであり、急ぎの転職ではなく、要求にしっかりと合った転職をしたい方におすすめの転職サイトです。

    ヤクマッチの口コミ

    病院への転職活動の際に、ヤクマッチさんを利用しました。その他にもいくつかの転職サービスを利用していましたが、それらのエージェントの方と比べると転職先提案まで速度はややゆっくりでしたが、とても丁寧にヒアリングをして希望にあった求人を提示してくださいました。(20代後半男性; 薬局→病院)
    薬剤師転職サービスにおいて、ヤクマッチはあまり知られていないようでしたが、ヒアリングに定評があるとのことで利用しました。評判通り、コンサルタントの方が丁寧に対応してくれ、親身になって希望にあった求人を提案してくれました。あれこれ言い過ぎて転職までの時期が少しゆっくりになってしまいましたが、無理やりな転職を進められなくて、私にはちょうど良かったです。(30代前半女性; 薬局→薬局)
    ヤクマッチの特徴
    • 求人案件も50,000件以上
    • あらゆる業界の求人に対応するマイナビが実全する異業種転職
    • 満足のいくマッチング率の高さ

    マイナビ薬剤師

    マイナビ薬剤師の概要

    マイナビ薬剤師はリクルートと並ぶ、転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サイトです。

    あらゆる業界の求人広告を取り扱うマイナビグループが有する、情報量、知名度、営業力を生かして全国の薬剤師求人情報を網羅しています。

    そのため、都内や地方都市だけでなく人口の少ない地域における求人の量も豊富であり、地方在住の薬剤師の方にもおすすめです。

    また転職や新卒就職活動における専門家集団で成り立っている企業ですので、コンサルタントの質がよく、コンサルタントとの面談に対して利用者から非常に高い評価を得ています。

    転職サイトの利用において、コンサルタントの方との面談にハードルを感じていましたら、マイナビ薬剤師がおすすめです。

    マイナビ薬剤師の口コミ

    まず対応の速さには驚かされました。コンサルタントの方は丁寧に私の経歴と転職条件の希望をヒアリングしてくれました。希望するエリアと年収から、かなり困難なことを希望したかな、と思っていたのですが、想像以上に希望通りや希望に近い求人情報を提案してくれ、この点にも驚きました(20代後半男性; 薬局→薬局)
    マイナビ薬剤師の特徴
    • 求人案件も60,000件以上
    • 薬剤師免許やキャリアコンサルタント資格の保有者が転職コンサルタントとして活躍
    • 全国の主要都市に支店があり、地方在住の方にもおすすめ
    マイナビ薬剤師

    派遣薬剤師への転職におすすめサイト【番外編】

    派遣薬剤師転職を希望する場合、大きく分けて「研修教育制度」を希望するか否かでおすすめのサイトが異なります。

    派遣薬剤師の派遣先の多くは調剤薬局で、次いでドラッグストアですが、これまでの勤務経験が病院薬剤師のみの場合などは、どのように立ち振るまえばよいのかわからないと思いいます。

    そのような際、教育制度のある派遣会社に登録すれば、入職導入研修などを実施してくれるため安心です。

    もし調剤薬局など未経験の場合、おすすめする転職サイトは、ファルマスタッフです。

    大手の転職サイトであるため求人が豊富なうえ教育制度が非常に充実しています。未経験OKの求人が多い点、高時給な求人が多い点もポイントです。

    調剤経験などがあり、バリバリに即戦力で働いてお金を稼ぎたいという場合は、薬キャリがおすすめです。業界最大手なだけあって、派遣の求人数も充実しています。

    一方で研修制度は無く、未経験OK案件も少ないので、薬剤師としての勤務経験が短いばあいはマッチングに少し苦労するかもしれません。

    派遣薬剤師サイトのおすすめ登録先

    調剤薬局の経験が無い or すくない →薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」
    調剤経験豊富でバリバリ稼ぎたい → 薬キャリ

    実際の研修制度や高時給求人については、下記のサイトに記してあります。

    薬剤師派遣|時給、福利厚生、研修制度の総まとめ 本記事の内容 約4分で読み終わります 派遣薬剤師の仕事内容についてわかります 給与相場がわかります ...

    薬剤師転職サイトの登録利用方法

    転職サイトの登録方法は各サイトによって異なりますが、大まかに次のような流れになります。

    1. あなたの個人情報と希望転職条件の入力
    2. 登録後、数日以内に、キャリアコンサルタントからメールや電話で面談の案内
    3. 非公開案件を含む求人情報や希望の企業情報を紹介してもらう
    4. キャリアコンサルタントと数回擦り合わせた後、企業への応募日程の調整
    5. 採用の面談(コンサルタントによっては同行して、賃金交渉などをしてくれる)
    6. 内定獲得後、円満退職のアドバイスや入社日の調整をエージェントが実施

    登録の際にいくつか記入することが多くて大変に感じるかもしれませんが、そこで細かな希望を記しておくと、後の転職活動がとてもスムーズになります。

    ただ、どこのサイトにおいても一時保存が可能であったり、個人情報だけ入力すれば希望条件などはスキップして後から書き込むことができたりしますので、まずは登録してしまうのが良いかと思います。

    転職サイトのメリットを最大化する利用方法

    おすすめの転職サイトの利用法は複数のサイトを同時に利用することです。

    複数サイトを利用するなんて、面倒くさそうと思うかもしれません。

    しかしながら、例えばスポーツクラブに通うと思った際にあるスポーツクラブだけ見て入会しますか?

    複数のスポーツクラブの価格や立地プランなどを比較検討し1日だけ利用してみたりして決めませんか?

    また、新卒採用の際に応募書類を一緒にだけ提出しましたか?

    転職活動も同様で、ある一つのものに限定して決めるのではなく、複数のサービスを同時に利用することで、それぞれの強みを活かせることができ、自身の希望にかなった転職が可能となります。

    登録内容はどこのサイトもほとんど同じなので、1社登録したらその他のサイトはほぼコピペで大丈夫です。

    また、ある程度自分にあった転職サイトやコンサルタントの方がわかったら、その他の登録サイトは辞退してしまえばよいのです。辞退するのも気が引けるかもしれませんが、コンサルタントの方もビジネスですので、失礼な対応をしない限り問題はありません。

    従って、私のおすすめは上記のサイトから3つ程度同時に登録してしまい、そこから自分にあったサービスを継続利用するというものです。

    転職サイトを使わない方が良いケース

    求人検索、履歴書添削、給与交渉が不要な人

    薬剤師転職コンサルタントの良い点とは何でしょうか?

    希望に沿った求人の案内、自己PRや志望動機などの履歴書の添削、面接への同行および給与や休日の直接交渉などが大きなメリットではないでしょうか。

    一方で、悪い点はなんでしょうか?

    転職を急かされそう、無理矢理な転職をマッチングされそう、コンサルタントの相手が面倒そう、などがデメリットとして、よく利用者の方が挙げられる項目です。

    従って、転職コンサルタントを使わなくて良い人は、コンサルタントを使った際に予想されるデメリットがメリットを上回る方です。

    言い換えると、転職コンサルタントの利用におけるデメリットの期待値がメリットの期待値を超える方です(薬剤師の皆さんなら期待値大丈夫ですよね!? テスト出しますよ笑)

    「年収100万円アップの求人がもらえるかも!」という期待よりも「わけわからんコンサルタントの相手面倒」という嫌悪感が上回れば、絶対に登録しないほうが良いです。

    自分一人の力で転職をしたほうが、十分な納得感を得られると思います。

    一方で、「わけわからんコンサルタントの相手面倒」という嫌悪感よりも「年収100万円アップの求人がもらえるかも!」という期待感が上回る方は登録したほうが良いです。

    自分一人の力のみで転職すると、あとから「あのときコンサルタントに頼んでおけば、もっと良い職場や給料になっていたかなぁ」と後悔します。

    メリットとデメリットの期待値で、転職コンサルタントの利用の有無を判断しましょう!

    薬剤師の転職サイトを使うべき人

    1年目、2年目、3年目などの20代薬剤師

    薬剤師需要は高いですが、新卒就職ではなく転職となると、ある程度の経験値が求められるのは他の業界と同様です。

    従って、ある程度は転職をせずに新卒就職した場所で3年以上勤務して経験値を積むことが望ましいです。

    しかしながら、ブラックな職場環境やひどい人間関係などで転職せざるをえないケースもあると思います。ブラックな環境で働き続けて心身を壊してしまうくらいなら、すぐに転職をしましょう。

    その際、経験値の浅さから給与などを安く見積もられてしまう能性が少なくありません。

    特にブラックな職場で疲弊してしまうと「嫌な職場から抜け出せるなら何でも良いや」という心理になってしまい、必要以上に低い待遇で転職を迫られてしまうことあります。

    せっかく職場環境の改善をしたくて転職をしたのに、転職先もブラックだったら洒落になりません。

    従って、勤務経験が少ない若手の薬剤師は転職コンサルタントを利用することをおすすめします

    社会人経験が少ない間は、給与や待遇の基準が定まっていないため、プロにまかせて自分の市場価値を正確に見積もってもらいましょう。

    20代薬剤師が転職で失敗も後悔もしないために|1年目でもOK 本記事の内容 約4分で読み終わります 20代薬剤師の転職における悩みの解消方法についてわかります 20代薬...

    最後にもう一度ランキングを掲載します。
    皆さんにとって満足ある転職が叶うことをお祈りします。

     

    1位薬キャリ
    2位ファルマスタッフ

    3位ヤクマッチ

    4位マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

     

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です