企業研究

    ドラッグストア 売上高ランキング(2019年度)

    薬剤師の皆さん、薬剤師候補生の薬学部のみなさんにとって、ドラッグストア業界は調剤薬局業界や病院業界と並んで、とても人気のある業界です

    とても伸び盛りである業界である一方で、企業同士の合併や再編が多発している業界でもあります。

    したがって、各社の売上高や店舗数などのデータをしっかりと分析しないと、就職した会社が数年後に吸収合併されて、今までの給与体系や福利厚生がなくなってしまう可能性があります。

    本記事ではドラッグ業界の売上高ランキングについて紹介していきます。

    ドラッグストア業界売上高TOP1

    ランキング1位 ツルハHD

    ツルハHDのまとめ
    • 2019年度ドラッグストア業界首位の売上高
    • イオンと資本提携関係(ウエルシア、クスリのアオキとも間接的につながっている)
    • ドミナント戦略で店舗数の拡大と収益の増加
    • プライベートブランド戦略|「くらしリズム」で高付加価値を提供
    • 質の高い化粧品販売のスペシャリスト

    詳しくはコチラ⇓

    ツルハHD|企業研究2019年度、ツルハホールディング(HD)がついに業界首位に登りつめました。 買収やM&Aを繰り返し企業統合を進め、また自...

    ランキング2位 ウエルシアHD

    ウエルシアHDのまとめ
    • 2019年度ドラッグストア業界2位の売上高
    • イオンと資本提携関係(ツルハ、クスリのアオキとも間接的につながっている)
    • ウエルシアモデル(ドラッグ&調剤・カウンセリング営業・深夜営業・介護)の展開
    • 低~高価格帯、国内・国外を網羅した、化粧品の全方位展開
    • 薬剤師教育に余念なし

    詳しくはコチラ⇓

    ウエルシアHD|企業研究2019年度、ウエルシアホールディング(HD)は売上高ベースで業界2位に位置しました。 調剤薬局併設型店舗の拡大、24時間営業店の...

    ランキング3位 コスモス薬品

    コスモス薬品のまとめ
    • 2019年度ドラッグストア業界3位の売上高
    • 九州を中心に西日本で一大勢力を築いている
    • エブリデイ・ロー・プライス(EDLP)
    • 食料品の売上高が全体の50%以上を占める
    • 小型商圏メガドラッグストア戦略
    • 調剤事業は始めたばかり

    詳しくはコチラ⇓

    コスモス薬品|企業研究2019年度、コスモス薬品は売上高ベースで業界2位に位置しました。 小型商圏メガドラッグストア戦略に則り、ローコストオペレーション...

    *ココカラファインとマツキヨ経営統合|業界トップの巨星誕生

    2020年1月31日、業界4位のマツモトキヨシと7位のココカラファインが経営統合を締結。2021年10月1日の経営統合を目指す予定です

    経営統合を果たすと、売上高1兆円、店舗数3000店を超える業界トップの巨大ドラッグストアが誕生することになります。

    現在首位のツルハHDを含め、ウエルシアHDなどは大きく差を空けられることになります。

    今後もドラッグストア業界ではM&Aや買収が活発そうですね。

    全体として、近年のドラッグストア業界は強いものが勝ち続け、弱いものが負け続けるといった、資本主義のゲームになっています。

    規模が小さい企業が資本主義のゲームで勝つためには、特化した特徴的な「何か」が必要ですが、ドラッグストアという性質上(医薬品という信頼性の高いものを主力事業にしている)、奇抜なことは出来ず、企業間に大きな差異はありません。

    従って、現在大きなドラッグストアほど、10年先、20年先においても大きく安定しているものと予想されます。

    自分のキャリアにおいて、「ドラッグストアを極める」、「ドラッグストアで安定して数十年働きたい」といった方は、売上高や営業利益率が高く、店舗数が多いドラッグストアに就職することをおすすめします。

     

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です