書評・映画評

    書評「もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」」

    たまにはサイエンティフィックな書籍の紹介をしたいと思います。

    本日紹介する書籍は「もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」(R・ダグラス・フィールズ)」です。

    「もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」」はどんな書籍?

    話は解剖学者がアインシュタインの脳をスライスし、氏の秀でた思考能力・想像力の源を科学的に明らかにしようとしたことから始まります。解剖学者は脳のスライスした標本から脳神経の数・大きさ・その構造的特徴などを精細に評価します。

    しかし、残念ながらアインシュタインの脳神経は、普通の人と比較して顕著な変化はありませんでした。

    一方、解剖学者たちは詳細な観察より、脳神経以外において、一般の人とアインシュタインの脳は著しく異なる点を発見しました。

    アインシュタインの脳では、神経ではない細胞の数が一般人の脳と比較して著しく多く一般人の2倍の数ほどアインシュタインの脳には神経ではない細胞があることがわかったのです。

    その「神経ではない細胞」とは、すなわち 本書のタイトルでもある「グリア細胞」なのです。

    グリア細胞とは

    脳において、グリア細胞は、アストロサイト・ミクログリア・オリゴデンドロサイトの3種類が存在します。

    このグリア細胞、日本語に訳すと「神経膠細胞(しんけいこうさいぼう)」という一見訳の分からない日本語が当てられます。「膠」とは訓読みで「にかわ」とも読み、粘りや接着剤などの意味があります。

    すなわち、グリア細胞は脳の8割以上を占める細胞でありながら、神経細胞を物理的に支持する接着剤的な細胞と考えられていたのです(現代では考えられません)。

    本書の感想は?

    本書では、ただの神経の接着剤としか考えられていなかったグリア細胞が、神経細胞と相互作用しながら脳の様々な活動に関わり、また脳腫瘍などの病態において悪役に転じたりする様子が詳細に記載されています。

    事実だけを述べた固い内容ではなく、当時の研究者達のエピソードも含めて話が展開されるため、グリア細胞が脇役から一点して主役に躍り出る過程を小説的な面白さで堪能できます。

    従って、本書は一般の方や初学者の方でも十分に読み進めることのできる書籍となっています。

    白衣
    白衣
    グリア細胞は私の研究対象でもありますが、本書を読み、ここ20年程度で爆発的に研究が進み、知見が蓄積された分野なんだと初めて知りました。

    就職活動をしている方は、面接において最近読んだ本について聞かれることがあるかと思います。そのような際に、「本をしっかりと読んでいる」「理系に関心がある」ということをアピールするにはうってつけの書籍だと思います。

    就職活動を抜きにしても面白い書籍ですので、ぜひご一読ください。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です