体験談

    現場で働く薬剤師さんインタビュー#21「マツモトキヨシ」

    現場で働く薬剤師さんインタビュー第21弾
    マツモトキヨシで薬剤師として勤務する八神さん(男性)にインタビューしました。

    白衣
    白衣
    白衣:当サイトの運営者
    八神さん: マツモトキヨシ勤務の薬剤師さん

    0. 勤務年数は? 年収は??

    白衣
    早速ですが、八神さんの現在の勤務年数などについて教えていただけますか?

    八神
    勤務先はマツモトキヨシで、OTC専門薬剤師として勤務しています。
    勤務年数は現在4年で年齢は30歳です。
    年収は501-600万円です

    1. 仕事内容について

    白衣
    出社してから帰るまでの1日の流れはどのようなものですか?

    八神
    出社後は、まずその日に出すべき商品や欠品商品の確認をします。売れ筋商品が欠品している場合は近隣店舗に商品を借りに行きます。

    その後、売り場に直行し、欠品確認の対応などをしていた間に出社したスタッフを休憩に回します。順番に休みを取り、休憩後はレジ業務、発注、売場づくりと業務を進め、定時となったら退社、といった感じです。

    白衣
    業務内容についてもう少し掘り下げて教えていただけますか?

    八神

    ざっくりと分けると業務は以下の5点に分けられます。

    ・レジ業務(8割)
    ・売場づくり
    ・POP作り
    ・店の営業を回す
    ・発注

    店舗にもよりますが、私が勤務している店舗は客数が非常に多い店舗のため、業務のほとんどがレジ業務という次第です。薬剤師スタッフがレジを抜けて品出しをすると、すぐに「一類お願いします」とレジに引き戻されてしまうので、レジに縛り付けられています(笑)。

    ただし自分が受け持っている商品の売り場を変えるときや新商品を変えるときは、そちらの業務を優先します。

    その分レジ対応が大変になってしまうので、その日出勤しているスタッフを考えて、出来るときに行うよう計画性が求められますね。

    白衣
    続いて、仕事のやりがいや困ることについてお聞きしたいのですが、いかがでしょうか?

    八神
    色々ありますが、私が感じた主な仕事のやりがいは以下の通りです。

    ・お客様に感謝される
    ・自分の頭で考えて薬を選べる
    ・自分が作った売り場から商品が売れる
    ・「これ売れるかも?」と思った商品が当たる
    ・売上の数字が伸びる

    レジ業務が8割!!と述べてしまった後で言うのもなんですが(笑)、ただただレジをして売り場を作って…という点には、やりがいはそこまで感じられません。

    売り場を作るにも、お客様が自分で商品を手にとってくれる売り場を作るにはどうしたらよいのか、どうすれば売りたい商品を売れるようになるのかを考える必要があります。その思考の過程も面白いですが、思考の狙いがうまくいったときは、一層のやりがいを感じます。

    仕事で困るのは、とにかく薬剤師が足りていないことです。レジが4台あったのですが、すべてのレジへ一斉に一類希望のお客様が来られることもあります。しかし薬剤師はほとんど一人です。そのため、まるでたらい回しされるように、さまざまなレジを駆け巡らないとならず大変だなと感じます。

    2. 志望動機、御社の特徴・課題は?

    白衣
    なぜ御社を選ばれたのですか?
    また、なぜ今の職種を選ばれたのですか?

    八神

    もともと就職はドラッグストアにしようと決めていました。
    消極的な理由ですが、病院実習や薬局実習を通して、自分には調剤は向いていないと感じたからです。

    機械的に処方箋通りに薬を集めて出す、という流れ作業を実習中で目の当たりにしてしまい、調剤という仕事に面白さを感じられなかったことも関係しています。

    ドラッグストアのOTC専門なら、処方箋はもちろんないので、患者さんの症状をヒアリングして自分で考えてお薬を選びます。私には処方箋がない状態で薬を選ぶ仕事のほうが向いていると学生のころからなんとなく感じていました。

    ドラッグストアの中でもマツモトキヨシを選んだのは、借り上げ社宅制度を使って家賃1万円で住めることが魅力的だったからです。

    生まれ育った環境から抜けて知らない土地で生活したいと思っていたいので、自分で賃貸を探さなくても会社が安価で住処を提供してくれるのは高ポイントでした。

    白衣
    続いて、御社の自慢できることや他社にない特長は何だと思われますか?

    八神

    薬剤師ならある程度わがままが通じることではないでしょうか。「あれをやりたい」「あそこの店舗で働きたい」と人事に言えば、ある程度の要望は通ります。私はずっと同じ店舗で働いていたのでそういった経験はありませんが、他の薬剤師は自分の希望をガンガンぶつけて理想の店舗に異動してもらっていました。

    マツモトキヨシには給料がランクで決まる制度があります。中にはなかなか上がらない薬剤師もいるわけですが、「このまま給与ランク上がらないなら転職する」と言ったところ、すぐにランクが上がったという話もあります。薬剤師が強い会社です。

    白衣
    それでは次の質問です。御社が力を入れていることと課題について教えて下さい

    八神
    どこのドラッグストアよりもセルフメディケーションに力を入れている点だと思います。

    マツモトキヨシは数年前にサプリメントバーを備えた店舗を作っています。管理栄養士がお客様の状態をヒアリングして、ぴったりの栄養素をチョイスしてサプリメントを提供するサービスです。

    薬で症状を抑えるだけでなく、まず健康な体を作る土台からアプローチしていくのは流石だと思いました

    課題としては、とにかく薬剤師を確保することだと思います。とにかく人がたりておらず、休憩もろくに入れないことが当たり前でした。

    3. 職場の雰囲気は?

    白衣
    八神さんが御社で働く理由は何ですか?

    八神
    これも消極的な理由ですが、調剤をやってみたいという気持ちはあるにはあるんです。しかし、どうしても苦手意識があるので踏み出せず、ドラッグストアにしぼって働いています。

    ドラッグストアは他の薬剤師から卑下の標的にされることも少なくありませんが、薬剤師が自ら介入して健康を守れる唯一の職場だと私は考えています。

    OTC専門であれば処方箋すら扱いません。処方箋がないからこそ、薬剤師が薬剤師らしく働けるのではないでしょうか。「薬剤師は必要だ」と一般の方に思ってもらうためにも、私はドラッグストアを選びます

    白衣
    次の質問に移らせていただきます。御社の社風はどのような感じですか?

    八神

    年齢に関係なく、やる気や能力がある人を昇進させる会社です。そのためかガツガツした性格のスタッフが多いように感じます。ただただ指示通りに動いていても昇給しないので、頭と体を動かして何かしら結果を出そうとするタイプの人が多いです。

    もちろんなんとなくドラッグストアに来たような感じの薬剤師もいるので、全員がガツガツしているわけではありませんが。実際にチャレンジ精神が旺盛な薬剤師は、どんどん出世していました。

    白衣
    マツモトキヨシさんに勤務されている方はみんなガツガツした社風とおっしゃいますね笑。本当にイケイケな方が多いんですね!

    4. 医薬品業界の課題・将来性は?

    白衣
    業界の課題や将来性についてどのように思われていますか?

    八神
    ただ「安い」「店舗数が多い」だけでは売上を伸ばせない状態にあると思います。数年前までは売上1位だったマツモトキヨシが現在落ちているのも、原因はそこでしょう。

    従業員の働きやすさを無視した会社経営は、薬剤師の退職を招き自社の首をしめることにつながります。働き方改革や副業解禁など、現在は働き方が大きく重要視されているので、従業員の働きやすさにもフォーカスしないといけません。

    それからコスモス薬品のように、食品をたくさん扱う店舗がもっと増えてきそうだと感じています。薬を買う頻度よりも圧倒的に食品を買う頻度のほうが高いので、客数を確保するためにも食品に力を入れた店舗が増えていくのではないでしょうか。

    5. 福利厚生は? 産休・育休は??

    白衣
    最後の質問です。
    八神さんは御社の福利厚生制度に満足していますか?
    また産休・育休は取れる環境ですか?

    八神
    福利厚生には満足しています。有給も取れますし、借り上げ社宅制度のおかげで月に1万円という破格の家賃で関東に住めました。誕生月にはカタログギフトも貰えます。

    産休や育休はなんの問題もなく皆さん取得されています。「もう少し働いて…」という不憫な交渉は見たことがありません。

    ただ育児短時間勤務制度は思うように取れていない方もいました。薬剤師が足りていないので、1時間しか短縮してもらえないと嘆いている薬剤師を見たことがあります。

    白衣
    白衣
    八神さん、本日はお忙しい中ありがとうございました。以上で、「現場で働く薬剤師さんインタビュー」の第21弾を終えたいと思います。今後もよろしくお願いします!

    #21 マツモトキヨシのまとめ
    • 30歳、勤務年数4年目、年収500-600万円
    • 客数が非常に多い店舗のため、業務のほとんどがレジ業務
    • 患者さんの症状をヒアリングして自分で考えてOTC医薬品を進めることができる
    • セルフメディケーションに注力。サプリメントバーを備えた店舗を設立
    • 借り上げ社宅制度で家賃1万。産休育休も男女ともに取得可能。

    マツモトキヨシHD|企業研究2019年度、マツモトキヨシHD(以下、マツモトキヨシ)は売上高ベースで業界4位に位置しました。 高品質のプライベートブランド開発...

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です