履歴書・面接・志望動機攻略

    SPIにWebテスト 就活生におすすめの試験問題対策本

    1. 筆記テストの重要性

    履歴書や面接の重要性は多くの就活生がわかってると思いますが、意外に見落としがちなのが「筆記テスト」です。

    特に薬学部を始めとする理系の多くは、これまでの試験や日常において算数・数学をしているため油断しがちです。

    せっかく何時間もかけて履歴書を練り、書類審査突破できたにもかかわらず、筆記テストで落ちるのは悲しいですよね?

    しっかりと対策をしましょう。

    ちなみに筆記テストは就活生の足切りにのみ使用しているのではなく、1次面接~最終面接の全てにおいて、採用官にあなたの点数が伝えられます

    当然面接において似たような評価の採用候補者が現れた際、決め手の基準の一つとなるのはテストの点数です。

    従って、筆記テストはギリギリ突破ではなく、満点に近い点数を取得するスタンスで臨むべきです。

    事実、旧帝や早慶クラスでは90%以上、中にはほぼ満点を取るという方もいます。

    筆記テストは侮らず十分な対策をしましょう。

    2. 就活テストの種類とおすすめの対策本

    2-1. 就活テストの種類 ~Webテスト、テストセンター、etc~

    テストの種類はいくつかありますが、大きく分けるとテストセンターで受けるタイプと、自宅等でパソコンを介して受験するWebテストタイプ、そして応募企業先で受験するタイプの3つです。

    テストセンターとWebテストの場合は問題の傾向はほとんど同じなため、特に区別して勉強する必要はありません。

    基本的な中学受験レベルの算数と国語・英語の問題が出題されます。

    2-2. 就職活動筆記試験、おすすめの対策問題集

    おすすめの問題集は、ナツメ社より発行されている「ダントツSPIホントに出る問題集」 です。

    この問題演習の良いところは何と言っても「数学の問題の数が多い」ところです。

    多くの問題集では、比較的集めの冊子であるにもかかわらず、肝心な問題の数は多くはありません。

    おまけに簡単な問題にくどすぎるほど解説してページ数が稼がれています。

    文系の方などは「これが本当のSPI3だ」等の分厚い SPI 問題集で良いのかもしれませんが、理系の方には分厚いタイプの問題集はおすすめしません。

    また、「ダントツSPIホントに出る問題集」の良いところは問題数が多いのみならず、問題の質が良いです。

    すなわちテストセンターで実際に出てくる問題が数を多く掲載されており、また少々難しめの応用的な問題も入っています。

    解法を覚えておくことでテストセンターで時間が取られるタイプの問題に対して対策ができます。

    もちろん算数や数学のみならず、国語なども対応しています。頻出漢字などはばっちり抑えられます。

    中身のない厚い問題集と異なり、値段も1000円程度で安く、また薄くて小さいため持ち運びも容易です。

    電車の中で普通にサラサラとできます。

    従って私は「ダントツSPIホントに出る問題集」を SPI の問題集としてお勧めします。

    間違っても、皆が使っている、アマゾンで評価件数が多いからと言って、高価で分厚くて中身の薄い問題集は買わない方が良いと思います。

    2-3. 自社問題、時事問題におすすめの対策本

    一方、応募先企業で受験するタイプのものは、論作文から専門試験までバリエーションに富んでいるため過去問を調べたりして対策するのが効率的です。

    企業によって大きく傾向がことなるため、就職活動のジャンルで販売されている問題集を購入して対策するのはおすすめできません

    小論文と一口にいっても、執筆するジャンルにも企業の趣向があるため、あらゆるジャンルに対応した小論文対策本で勉強するのではなく、企業の趣向に合わせた対策本を購入しましょう。

    時事問題については日頃からニュースについてしっかりと見て、応募企業の関連事業について集中的に勉強しましょう。

    その上で、「ダントツSPIホントに出る問題集」の関連本である「2021年版 ダントツ一般常識+時事一問一答問題集 」で対策するのがおすすめです。

     

     

    就職活動において筆記試験は軽視しがちですが重要な項目です。

    決して油断せず、しっかりと対策しましょう。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です