履歴書

    戦略的 履歴書・ES作成 #4 魅せる人柄は企業間でほぼ同じ

    第3回では、第2回で解説した魅力式のハード面(いわゆるスペック面)について紹介しました。

    今回では、魅力式のソフト面、すなわち人柄や人物像について解説していきたいと思います。

    1. 魅力式  ソフトパートの解説
    -就職活動で求められる人材像とは?-

    ハード面と異なり難しいことはありません。

    基本的にみなさんがエントリーシートなどを提出する新卒採用を行っている企業ならば、ほぼ間違いなく「求める人材像」が明記されているからです。

    例えば、大正製薬は以下のとおりです。

    当社が求める人材像

    【自ら考え、行動する】
    常に「なぜ」という問題意識を持ち、論理的な思考に基づいて、自ら考え積極的に行動すること。

    【高い専門性を身につける】
    自分の得意な分野を持ち、その分野においては誰にも負けないという専門性を持つこと。
    また、その専門性を高めるための努力を惜しまず、自己啓発に努めること。

    【コミュニケーション能力】
    相手のニーズを的確に捉え論理的に説明し、相手を納得させることができること。

    【正直・勤勉・熱心に行動する】
    自分が不利になろうとも正直かつ誠実に語り振る舞い、一心に物事に打ち込み、情熱を持って行動できること。

    【チャレンジ精神】
    従来の概念にとらわれず、失敗を恐れることなく、新しいことにチャレンジする。

    【判断基準】
    常に、長期的視点、生活者視点を重視した判断を心がける。

    【自己実現】
    自分の価値観・夢・使命感にこだわりを持ち、その実現に向け努力を続けるとともに仕事を通じて、会社と社会に貢献する。

    参考:大正製薬HP: https://www.taisho.co.jp/recruit/career/hrmessage/index.html

    大正製薬はかなり細かくいろいろな要素を盛り込んで提示していますが、ワンフレーズにギュッとまとめこんだ企業も少なくありません。

    従って、このような求める人材像から逆算して人柄をアピールすれば、就職したい企業に見つけてもらいやすくなります。

    具体的には、第3回の時に記したマーケットインとプロダクトドリブンという考え方を用いるとアピールすべき特徴が見つかりやすくなります。
    (参照:戦略的 履歴書・ES作成 #3 魅力は面積で魅せろ)

    もし企業の求める人材になりきることができれば、マーケットインのみの考え方で大丈夫です。

    しかしながら、人柄というものは一朝一夕で変化できるものではないため、あなた本来の持ち味を生かしたプロダクトドリブンな考え方も必要です。

    従って、あなたの持っている属性の中で企業が求めている属性を伸ばし、履歴書等の中で全面的にアピールする方法が最適な方法であると言えます。

     

    ここで疑問点が一つ生じると思います

    それは応募する企業が一社ではないため、どのような人材像をアピールすれば良いのか分からないという点です。

    しかしながら、この点についてはほとんど無用の心配です。

    なぜなら、企業が新卒採用者に求める人材像はほとんど同じで、

    積極的に考えて周りを巻き込んで行動できるポジティブな人間、だからです。

    更に言えば、上記の大正製薬の求める人材像が自社の求める人材像と違う企業など、ほとんど存在しないということです。

    理由は簡単で、会社は利益なくして存続できないため、利益に貢献できる社員を求めます。

    そして、この情報社会において利益に貢献できるという人は、ダイナミックな変化の中で自分の頭で考え、行動し、失敗から学び続ける人です。

    ですので、このような「積極性」、「リーダーシップor縁の下の力持ち」、「行動力」、「リスクテイカー」、「コミュニケーション力」、「ポジティブマインド」などを求めている大正企業の求めている人材像は、各パラメータの重点度が多少異なることはありますが、多くの企業においても適用できるのです。

    従って、基本的に大正製薬の人材像をアピールするように履歴書を作成することをオススメします。

    2. 魅力式  ソフトパートの解説
    -就職活動で求められる人材像のアピール方法-

    具体的には、ハード面でアピールしたい能力のエピソードにソフトを織り交ぜていきます。

    ハードの幹にソフトの枝葉をつけてあげ、一つのエピソードにするようなイメージです。

    例えば、第2回で紹介したように、

    <div class=”simple-box1″><p>

    「エピソード」
    ラグビー部でキャプテンとして40名の部員をまとめ上げて、一時は廃部の危機もあったけど、部員の心に寄り添うことで団結力を固めて、全国大会に出場することができた!

    「ハード」:身体のアピール
    ・40名の部員がいるラグビー部に所属
    ・全国大会出場経験あり

    「ソフト」:積極性、リーダーシップ、コミュニケーション力のアピール
    ・キャプテンとして人を先導できる
    ・人の心に寄り添える
    ・集団をまとめ上げて鼓舞することができる

    </p></div>

    のようにハードの土台にソフトを飾り付けてエピソードを仕上げてください。

    注意点は、ソフト面だけをアピールするようなエピソードは書かないでください。ハードという大きな土台があって、ソフトでさり気なく飾り付けてくださいソフトをアピールするだけに質問を1つ使用してしまうと、ハードの面積をアピールできなくなる可能性があります。

    就職活動で求められる人材像のアピール方法

    アピールしたいハード能力を幹に、アピールしたいソフト能力(人材像)で枝葉を付ける

    白衣
    白衣
    履歴書・エントリーシートの書き方 戦略其の四
    ハードの幹にソフトを生茂らせる
    戦略的 履歴書・ES作成 #5 履歴書・ESチェックリスト戦略的 履歴書・ES作成最終回の第5回では、実際の履歴書・エントリーシート(以下、ES)を作成する際の細かい文章の注意点について解説して...

     

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です