体験談

    現場で働く薬剤師さんインタビュー#6「スギ薬局」

    現場で働く薬剤師さんインタビュー第6弾
    株式会社 スギ薬局(以下、スギ薬局)で総合薬剤師として勤務する新島さん(女性)にインタビューしました。

    白衣
    白衣
    白衣:当サイトの運営者
    新島さん: スギ薬局で働く薬剤師さん

    0. 勤務年数は? 年収は??

    白衣
    早速ですが、新島さんの現在の勤務年数などについて教えていただけますか?

    新島
    勤務先はスギ薬局で総合薬剤師として勤務しています。
    勤務年数は現在3年目で26歳です。
    年収は500-600万円です。

    白衣
    自ら年収を晒していくスタイル、ありがとうございます(笑)。

    1. 仕事内容について

    白衣
    出社してから帰るまでの1日の流れはどのようなものですか?

    新島
    シフト制のため多少前後しますが、9時に出勤して掃除など開局前の準備を行います。10時に開局後、来訪された患者さんの処方箋を受け付け、調剤業務、監査、投薬を行います。また、業務の合間を見ながら、午後の在宅医療の準備を行います。

    お昼休憩後は午前と同じ業務に取り掛かりますが、14時を過ぎたころから在宅医療に取り掛かります。担当している患者さんのご自宅や老人ホームなどの施設に訪問し、薬の処方を行います。

    訪問後は職場に戻って患者さんの薬歴を記録し、薬の在庫管理や片付けなどをして業務終了です。

    白衣
    業務内容についてもう少し掘り下げて教えていただけますか?

    新島
    近隣に大学病院がある為、そこの患者さんに対する調剤業務や処方箋薬剤から一般のお客さんへのOTC医薬品対応、そして在宅医療がメインの業務となります。

    在宅医療で医療施設や老人ホームなどに向かう際は、依頼を受けた処方箋調剤に加えて、OTC医薬品やガーゼ、絆創膏などドラッグストアで取り扱っている医療品も併せて持参します。

    特に医療施設では、医師や看護師と接することがあるため、患者さんの状態を詳細に聞くことで処方を行います。

    また、弊社はドラッグストアの為、第一類医薬品を購入される方への医薬品説明を行うこともあります。業務終了後は、患者さんの薬歴を記録した後、在庫管理などの裏方業務を行い、在庫が少ない場合は発注をします。最後に業務日報を書いて終わりです。

    白衣
    やはりドラッグストアの薬剤師さんですと、業務内容が幅広いですね。

    続いて、仕事のやりがいについてお聞きしたいのですが、いかがでしょうか?

    新島
    やりがいは、薬を扱うプロとして患者さんに頼られるところです。医師になかなか聞きづらいことや聞けなかったことを聞かれると、日々薬の知識をつけていて良かったと思います。

    また、長く関わる地元の患者さんが多く、薬の相談を受けた患者さんが後日いらして症状が改善したと報告をしてくれるときは、特にやりがいを感じます。

    在宅医療では薬のアドバイスだけでなく、薬に合った食生活などについてもアドバイスを聞かれることがあります。薬の専門家ではなく、医療・健康の専門家として頼ってくれていると実感することができ、この点にもやりがいを感じますね。

    また、ドラッグストアで働く薬剤師としては、薬剤師の判断でOTC医薬品を処方することが出来るため、薬の知識も自然と増え、患者さんの相談にプロとして対応できるだけの力量がつくことが嬉しいです。

    白衣
    医療の専門家として、患者さん・お客さんに頼ってもらえることは、とても嬉しいことですよね。

    一方で、仕事を行う上で困る点はありますか?

    新島
    唯一仕事で困ることは、近くに大きな病院があり患者さんが多いため、患者さんの待ち時間がどうしても長くなってしまうことです。

    体調が悪い中いらっしゃる患者さんが多い中、待たせてしまうのは心苦しく感じます。

    2. 志望動機、御社の特徴・課題は?

    白衣
    なぜ御社を選ばれたのですか?
    また、なぜ今の職種を選ばれたのですか?

    新島
    この会社を選んだ理由は、業務内容と給与の高さです。新人でも早くから調剤から在宅医療まで取り組める環境が整っていたことや、先輩薬剤師に人材育成の環境がそろっているという情報を聞きました。

    また、薬剤師の中でもドラッグストア勤務は給与が高く、中でもスギ薬局の給与水準が高かったことは大きな決め手です。そして、全国チェーン展開のドラッグストアですが、転勤無しのエリアを絞れることが出来るのも魅力の一つでした。

    一般的に全国チェーンのドラッグストアは薬剤師でも全国転勤ありですが、プライベートを充実させつつ、この仕事に携わりたいと思ったときに、とても好条件に感じました。

    総合薬剤師という職種を選んだ理由は、調剤だけでなく幅広く薬剤師としてスキルアップをしたいと思ったことが理由です。

    私自身、小さい頃から持病があり薬の飲み合わせなどにはとても気を遣っていて困る場面も多かった為、幅広い知識を持った薬のプロとして活躍できる職種を選びたいと思いました。

    白衣
    給与の高さ、ストレートで良いですね(笑)。全国転勤がないことは知りませんでした。地元で働きたい方などには大きなメリットですね。

    御社の自慢できることや他社にない特長は何だと思われますか?

    新島
    他のドラッグストアに比べて地域に目指した医療サービスを心がけている点です。調剤業務だけでなく、在宅医療先に点滴を運ぶこともあり、医療のプロとして患者さんと密接にかかわる機会が多いところが特徴ですね。

    在宅医療も、個人宅から老人ホーム、医療施設と種類は様々で、多様な患者さんの声を現場で聞きながら学べる機会がとても多いです。

    またスキルアップのための研修制度なども充実しており、薬剤師として生涯活躍するための環境が整っていると感じます

    白衣
    地域密着を宣言している企業は多いですが、御社レベルで実践されている企業はほとんど無いのではないでしょうか。

    御社が力を入れていることと課題について教えて下さい。

    新島
    薬剤師自身のOTC医薬品の知識向上に力を入れていると感じます。

    また在宅医療には特に力を入れてきており、訪問施設の種類が増え、医師や看護師など他職種の医療従事者と関わることも他社に比べて多いですね。

    課題は薬剤師の働き方改革だと感じます。ドラッグストアの特性上、日曜日に営業する店舗もあるため、もっとワークライフバランスの向上に働きかけてほしいと感じます。

    3. 職場の雰囲気は?

    白衣
    新島さんが貴院で働く理由は何ですか?

    新島
    在宅医療に特に強い点です。私自身が持病で薬を飲み続ける生活を送っていたこともあり、薬のプロになりたいと思ったことがきっかけです。

    他のドラッグストアに比べて在宅医療に特化しているので、地域のお客さんと店舗で接するだけでなく、様々な医療現場に薬を持ち込んで患者さんの生の声を聴いたうえで薬を処方できることは魅力でした。

    私自身、甲状腺の持病を幼いころから持っていて薬を日常的に飲む生活を送っており、突然他の病気(風邪など)にかかった時に薬の飲み合わせが不安で、そのたびに近所の薬剤師に母親とともに聞きに行っていたことが薬剤師として働くきっかけです。

    過去の自分と同じように困っている患者さんに対して、安心できる生活を提供したいと思い、薬剤師の業界を志望しました。

    白衣
    ありがとうございます。ご自身の経験が大きな判断軸となっているのですね。

    次の質問に移らせていただきます。御社はどのような社風ですか? またどのようなタイプの人が多いですか?

    新島
    企業としては、地域に特化した医療を提供するという考えがあり、その理念に基づき厳しいマニュアルや研修制度もありますが、基本的に風通しが良い社風です。

    経営層などの上層部は親族同士が多いため、長年働いた社員でも上層部には意見を言えないようですが、評価制度は整っており、真面目に働けばきちんと給与に反映されるので、あまり気にはなりませんね。

    社員は、どの店舗でも温かく思いやりのある人が多いです。ヘルプ業務で他店舗に初めて行った際でも、先輩・後輩問わずフォローしてくれる人が必ずいるので人間関係には悩まないことが多いと思います。

    4. 医薬品業界の課題・将来性は?

    白衣
    業界の課題や将来性についてどのように思われていますか?

    新島
    薬剤師は男女比で圧倒的に女性が多いため、女性の薬剤師で正社員を退職される方が多いことは薬剤師不足に繋がるため、女性が働きやすい業界の環境を作るべきだと思います。

    一般のデスクワークとは違い、薬剤師は一日中立って仕事をすることも多い為、妊娠中の女性には身体に負担となり退職される方が何人かいました。その為、薬剤師としてのキャリアが短い人が多くなり、薬剤知識の豊富な薬剤師が減ることが懸念点であると思います。

    白衣
    戦力となる女性薬剤師の職場復帰は、達成しなくてはならない課題ですね。

    5. 福利厚生は? 産休・育休は??

    白衣
    最後の質問です。
    新島さんは御社の福利厚生制度に満足していますか?
    また産休・育休は取れる環境ですか?

    新島
    福利厚生には満足しています。

    調剤薬剤師と総合薬剤師の職種を選ぶことができ、給与は若干下がってしまうけれどシフト制ではなく決まった時間で働きたいという薬剤師は調剤薬剤師として働くことが出来るのが他とは違う大きなポイントです。

    また、産休育休はしっかりと取得している人が多く、子どもが小学3年生になるまで育児短時間勤務が可能と、比較的年齢制限が高いことが利点だと感じます。

    白衣
    小学3年生まで時短勤務ができるとういのは素晴らしいですね! 他のどの企業でも聞かないレベルの福利厚生の良さですよ。これは就職先を考える学生にとって、とても実りのある情報です。ありがとうございます。

    白衣
    白衣
    新島さん、本日はお忙しい中ありがとうございました。以上で、「現場で働く薬剤師さんインタビュー」の第6弾を終えたいと思います。今後もよろしくお願いします!

    #6 スギ薬局のまとめ
    • 26歳、勤務年数3年、年収500-600万円(給与水準高め)
    • ドラッグなので薬剤師の判断でOTC医薬品を処方することが出来る
    • 転勤無しのエリアを絞れることが出来る
    • 地域に目指した医療サービス。特に在宅医療
    • シフト制ではなく決まった時間で働くことが出来る
    • 小学3年生になるまで育児短時間勤務

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です