製薬企業への就活

    体育会系が就活に有意な理由について大学助教が考察してみた

    こんにちは、白衣です。
    今週は仕事がなかなか忙しく、学生さんと一緒にてんやわんやの一週間を送っていました。

    学生さんに頼みごとをする事も多く皆よく動いてくました。

    そんな中で思ったのは「体育会系出身学生の心強さ」です。

    企業がなぜ就職活動の際に体育会系を好むのか、よく分かった気がしました。

    本稿では白衣の感じた、体育会系の良さについて書いていこうと思います。

    白衣の感じる体育会系の良さ
    体力が異常
    粘り強い
    理不尽さに免疫がある
    時間に厳格である

    体力が異常

    王道にして体育会系の真骨頂ですが、体力値が異常に高いです。

    朝早くから夜までほぼ立ちっぱなしの上、重いものを持って階段を何回も往復するという作業を一緒にしていたのですが、非常にタフです。

    往復の速度が速いのみならず、その後にすぐ別の仕事に移れる、それが終わると、またすぐに別の仕事に移れる、と持続力があるんですね。

    他の人が疲れて文句言いながら動くところ淡々と行動できる、これは非常に頼もしいです。

    また回復力も非常に優れています。

    朝から晩まで動けば大抵の学生さんは疲れきって仕事が終わればすぐに帰ります。

    しかし体育会系出身学生は、ソコから自分の研究を開始して終電まで実験しています。

    そして翌日、普通の顔して朝早くに登校し、その日の作業の準備をしています。

    大抵の人が疲れて帰るような辛い時にもう一踏ん張りできる、というのは大きな強みです。

    ガソリンとも言える体力が他の人より高い、というのは企業側からしたら非常位に魅力的だろうと思いました。

    粘り強い

    執着心が強いです。

    達成動機か強いと言い換えても良いと思います。

    指示したことが上手くいかなくても、自分で考えて目的を達成しています。

    もちろん誤った支持する方にも問題があるのかもしれませんが、方向とゴールを示しておけば自ら考えながら動き、多少の困難があっても粘り強くゴールに到達する姿勢は大きな魅力です。

    またチームプレイにも慣れている人が多いため、分からなければ分かる人を探してコミュニケーションを介して問題に対処します。

    周りを巻き込んで目的を達成するマインドが備わっている、というのも彼らの強みだと感じました。

    理不尽に対する免疫力の高さ

    現場とは二転三転するものであり、それに応じて上司の意見も二転三転するのがビジネスです。

    今回学生さん達に手伝ってもらったことも、二転三転する事案が多々ありました。

    さっきと違うことを指示された際、また自分が行ってきたものが無駄になった際、文句を言いながら30点の仕事せずに黙って淡々と80点の仕事してくれる姿は頼もしいです。

    もちろん指示するほうが現場を予測した上での判断をすることが重要ですし、また彼らも心の中で思うところはあるでしょう。

    しかし、スピーディーな対応が求められる現場で、嫌な顔せずに十分なアウトプットを発揮し続ける能力は貴重ですね。

    実際に就職してからも非常に役立つスキルだと思います。

    時間に厳格である

    あまり体育会系のイメージとして認知されていませんが、体育会系は時間に対して厳しいです。

    やはりスポーツや武道など制限時間が決まっている競技に従事するため、時間に対して敏感になるのだと思います。

    また、そもそも遅刻が許されない文化が構築されている点が大きいのではないでしょうか。

    朝練習から大会や試合で団体行動での移動など、時間管理が求められるものが多く、また遅刻などしようものなら猛烈に怒られます。

    そのため、嫌でも時間管理能力がついているものだと思います。

    お金で買えないという点から、ある意味お金より貴重な時間に対してストイックであるというのは社会に出てからも有用な能力です。

    その時間間隔の最低限が身についている、というのは魅力的であると思います。

    まとめ

    以上が白衣が考える体育会系出身者の強みとその理由です。

    仕事に役立つ能力ってハード面が重視されがちですが、一緒に働いていて気持ちの良いやつと思われるようなソフト面も非常に重要なんですよね。

    縦割り社会・チームプレイに慣れている体育会系はソフト面に長けているので、企業の面接官からの印象が良いのだろうと思います。

    なお、本稿はあくまで集団に対しての大雑把な傾向についての意見です。

    個人個人でみれば上記に該当しない体育会系学生さんもいますし、文化系だろうが体育会系だろうが上記を満たしている学生さんもいます。

    カテゴライズした際の白衣の意見ですので、おおらかな気持ちで読んでいただけると幸いです。

    それでは、このへんで。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です