書評・映画評

    書評「波よ聞いてくれ」

    今回紹介する本はこちら「波よ聞いてくれ」です。
    書評というより漫画評なのですが(漫画も書物だから書評で良いのかな?)、最近見た漫画の中でも特に面白いので、お勧めさせていただきます。

    波よ聞いてくれ、どんな本?

    タイトルだけだとサーフィンなどのマリンスポーツ系を取り扱った漫画だと思いますが、中身は全く異なり、ラジオパーソナリティについて取り扱った漫画です。
    以下に Amazon の紹介欄の内容を記載します

    舞台は北海道サッポロ。主人公の鼓田ミナレは酒場で知り合ったラジオ局員にグチまじりに失恋トークを披露する。すると翌日、録音されていたトークがラジオの生放送で流されてしまった。激高したミナレはラジオ局に突撃するも、ディレクターの口車に乗せられアドリブで自身の恋愛観を叫ぶハメに。この縁でラジオ業界から勧誘されるミナレを中心に、個性あふれる面々の人生が激しく動き出す。まさに、波よ聞いてくれ、なのだ!

    上記の紹介文からわかるように、完全にコメディです。
    失恋トーク云々が冒頭に書いてありますが、恋愛要素はほとんど道端の空き缶程度の扱いで、主人公「ミナレ」のてんやわんやの人生とラジオトーク、一癖も二癖もある「ミナレ」の周辺人物の人間模様がメインのお笑いマンガです。

    なかなか文字だと伝わらないのですが、本書の最大の魅力は「ジェットコースターのような爽快感」だと私は感じます。
    だらだらと間を伸ばした展開は一切なく、「うんこMP3」に勝るとも劣らない、プリズンから出るまでの「監獄学園」のような怒涛の勢いで話が進んでいきます。

    また、その話にマニアックなボケやサブカル系なネタ、舞台である北海道の道民にしか分からないような話がふんだんに盛り込まれています。
    それにもかかわらず、勢いと高度なツッコミで 知識のない読者でもなんとなく分かって面白いという空気感が形成され、全盛期のアンジャッシュのような勢いと爽快感に満ちた笑いが沸き起こります。

    話の着地点がなかなかわからない点も本書の面白さの一つで、マジで先の展開が読めません。
    話がいくつも平行に走ったり、ひとつの話が複雑等ではなく、ただただ起承転結の転が凄すぎて、話が読めないのです。

    以上より、私は「波よ聞いてくれ」を「勢い・爽快感・読めない展開」ある、非常に面白いコメディ漫画だと思います。
    テーマ的にもとっつきやすいので、近い将来映画化するのではないかと私は考えています。

     

    まだ全部で5巻しか発刊されておらず(2018年7月23日現在)、一気読みしても大した負担にはなりませんので、是非今から1巻からご一読ください。なお Kindle 版は1巻が現在0円でダウンロードできますので、試しに1巻だけ電子書籍として選んでみてはいかがでしょうか。

    波よ聞いてくれ、著者の「沙村 広明」さんとは?

    本書の著者は 「沙村 広明」さんで、歴史ものの漫画が好きなら大抵の人が読んだことのある、あの「無限の住人」作者さんです。

     

    無限の住人は非常にシリアスな人間模様を描いたバトル漫画で、その高い画力と練りこまれたストーリーから映画化にもなった(主演:木村拓哉)大作で、私も大好きな作品です(映画見なくて大丈夫です。原作を読みましょう、原作を笑)。

    そのため、本屋で本書を手に取った際は「コメディなんてこの人かけるのかな」なんて思っていたのですが、読むとびっくり。めちゃくちゃ面白かったのです。

    後から知ったのですが、著者の沙村 広明さんは、コメディ系の漫画も数多く手がけられており、エログロありのシリアスからギャグまで守備範囲な、実に多彩な漫画家さんだったのです。

    現在、本書の「波よ聞いてくれ」の他に 「ベアゲルター」という漫画も連載中です。
    こちらはコメディではなく、「無限の住人」よりのシリアスなバトル漫画です。
    もちろん、ただシリアスなだけでなく、沙村流の独特のエロ・グロ・バイオレンスがふんだんに盛り込まれた作品です。

    こちらも大変お勧めです。「波よ聞いてくれ」を読んで、沙村さんに興味を持った方はぜひ一読することをお勧めします。沙村さんの画力が光るバトルが堪能できます。

     

    「波を聞いてくれ」、ラジオを題材にしているという点から、とっつきにくい方もいるかと思いますが、非常に面白いコメディ漫画です。
    コメディ漫画とはいえ、子供ではなく世間擦れした大人こそ「面白い!!」と感じる漫画だと私は思います。

    この機会に是非、ご一読ください。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です