薬と科学

    今更ながらコラーゲンは肌に良いのか?

    近年“肌に良い”をうたい文句に健康食品や食事に“コラーゲン配合”,”コラーゲンたっぷり”などの文言が散見されます。先日も彼女と食事に行った際、”コラーゲンが多く入っていますよ”という店員さんのお勧めにより、彼女はメニューを決めました。

    しかしながら、ここでふと疑問がわきます。それはコラーゲンがたっぷり入っているからといって、”本当に肌に良いのか”ということです。そもそもコラーゲンとは何なのでしょうか。調べてみますと、以下のようなことが記載されています。

    コラーゲンとは

    コラーゲンとは,骨や皮膚など体内の多くの部位に発現しているタンパク質の一種です。ヒトの体内に存在するコラーゲン量は,全タンパク質の約30%を占めると言われており,主に皮膚の軟骨などの主成分として繊維構造をなし,組織構造の安定性や柔軟性に寄与することが明らかになっています。

    コラーゲンの特徴は構成するアミノ酸の配列にあり,詳細は避けますが3種類のアミノ酸がらせん状に合わさった3重らせん構造を取る非常に大きな高分子体をなしています.この3種類のアミノ酸が無数に繋がることで肌の弾力性が保たれるのです。

    そして悲しいかな、加齢とともに身体全体のコラーゲン量は低下していくます。そのため年齢を重ねるとともに、「肌に弾力がなくなってきた」や「肌がたるんできた」といった悩みが出てきます。

    それで結局コラーゲンを食べることは肌にいいの?

    結論として、ほぼ意味がありません笑

    「コラーゲン含有量の高い自然食品および加工食品を経口摂取した場合,コラーゲン特有の構造体は消化プロセスで破壊されてしまうためほとんど効果はない」ということが専門家の意見として一致しているようです。

    上記にも記載しましたが、コラーゲンの特異性はその構造体にあります(特定の3種類のアミノ酸による3重らせん構造).しかしながら消化を経ることにより,その構造体は跡形も無く分解されてしまいます.

    したがって,極論としてレバーを食べても肝臓が体内で作られないように,コラーゲンを経口摂取してもコラーゲンが生成されることはありません.

    また「コラーゲンを食べることでコラーゲンを構成するアミノ酸を摂取することに繋がり,ひいてはコラーゲンの体内生成に寄与する」との意見もありますが,くどいようですがコラーゲンの特異性は3重らせん構造にあります。

    コラーゲンを食べてアミノ酸を摂取しても、3重らせん構造をつくる能力及びスピードに限界があるため、コラーゲン生成には繋がらずカロリーとして蓄えられます

    もちろん普段の食事からのコラーゲン摂取量が圧倒的に少ない人は、コラーゲンを摂取することによってコラーゲン生成の若干の上昇が認められると思いますが、食事が豊富な現代の社会人においてコラーゲン摂取量が不足しているということはまずありません。

    コラーゲンサプリメントの真実

    「多くの会社がコラーゲンのサプリメントを出しているから効果があるのじゃないか」という疑問も湧くと思いますが、答えは簡単で「コラーゲンは消費者の肌に対してではなく、会社の利益に対して効果があるから」です。

    サプリメントは大きな市場です。中でも日本においては女性が主なターゲットとなっています。 そして女性が喜ぶものは美容であり、美しさにつながる化粧品屋健康食品、サプリメントは多くの会社にとって取り組むべき対象となっています。コラーゲンもその例外ではありません。

    そのため一部のメーカーの研究結果や、メーカーがスポンサーについた専門家の意見では、いかにもコラーゲンが有効であるようなことを主張されていますが、多くの場合、話がすり替えられていたり、重要なことについては完全に仮説で語られていたりします。

    例えば、「実験動物を用いてコラーゲンを毎日経口摂取させた結果、肌の保湿能力が高まった」というような論文から”コラーゲンの経口摂取は、肌に対して良い”という結果を主張する企業がいます(この論文は実際にあるものです)。

    しかしながら実験の内容を見てみると、 げっ歯類を5匹程度使った実験である、食事ではとてもではないが摂取不可能な量のコラーゲンを毎日経口摂取させている、結果が出るまで実験期間が延長され続ける、 コントロール動物がいない(この場合コラーゲン経口摂取させていない動物。食事環境や成長レベルによってコラーゲン量が変化するため、コラーゲンを摂取させない全く同じ環境で育てた動物が必要です)など、不可解な点が数知れません。

    このような”論点がすり替わっているにも関わらず納得させられてしまう”というのは、専門家vs非専門家の間では日常茶飯時です。私も研究者の端くれですからわかりますが、日本人のサイエンスリテラシーはお世辞にも高いとは言えない為、理屈で言いくるめることは難しくありません。

    それじゃあ結局どうすりゃいいのさ

    コラーゲンの口からの摂取にほとんど意味がないことがわかりました。ちなみに肌に塗るタイプはなおさら意味がありません。それでは結局、肌をぷるぷるに保つためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

    一番確実な方法は、今持っているコラーゲン量を減らさないことです。 コラーゲンを減らす大きな原因となるものは「過剰な日光」及び「タバコの煙」、「不適切で不十分な睡眠」です。そんなことかよ、という意見がアッチコッチから聞こえてくるような気がしますが(笑)、これらは十分な適切な実験結果によって支えられている、確かな事実なのです。

    またコラーゲンの経口摂取は意味がありませんが、コラーゲンを破壊から守る食べ物というものはあります。それは抗酸化物質が大量に含まれたトマトやグレープフルーツ、スイカ、オレンジ、いちご、ブロッコリー、カリフラワー、などです。

    従って食べ物に気をつけるなら、上記のようなリコピンやビタミン C が多く含まれた食べ物に気を使うことをお勧めします。

    最後に

    コラーゲンというものは一般の方に慣れ親しんではいますが、結構複雑なものです。そのため利益のためではなく、真剣に研究に取り組んでおられる方も大勢おり、そのような研究の中には体内のコラーゲン量を増加させる結果を得ているようなものもあります(経口摂取ではなかったり、また経口摂取でも特殊な加工をしたアミノ酸の集合体など)。

    もしかしたら本当に、口からコラーゲンを摂取するだけでお肌に良い効果が得られるような未来が来るかもしれません。また、科学の世界は日進月歩ですから、新たな評価機器の発明により「本当は口からのコラーゲン摂取に効果があった!」というようなことが起こるかもしれません。

    たまには真面目に科学について語ってみました。本稿では「コラーゲンの摂取はあまり意味がない」というようなことについて書きましたが、実際のところ「本人が納得して楽しんで食事できるなら、コラーゲンはじゃんじゃん摂取するべき」と私は思っています。

    プラセボと言いますが人間の思い込みには効果があります。「効く」と思っていたら「効く」のです。それに食事は楽しい方が良いと思っています。コラーゲンを摂取することに満足感を見出しているのならば、やはりコラーゲンは摂取するべきです。

    おいしく健康的な食事を楽しみましょう!

     

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です