ライフハック

    続・圧倒的速度で文章を書く方法!

    前回の音声入力の記事ですが結構反響がありまして、私の周りの友人もその記事を読んだりと、皆さんタイピングのスピードに悩んでおり、音声入力に興味があることを改めて実感しました。

    やはり、いきなりドラゴンスピーチやamivoice を購入するのはためらうようで、アプリのリモートマウスを使って試している方が多いようです。

    先の記事では書きましたが、リモートマウスはアップル社のビッグデータを利用しているため、漢字変換や音声修正の技術が大変素晴らしく、非常に使用に耐えられるアプリケーションだと思います。

    しかしながら、 iPhoneをメインでリモートマウスを使っている方が多いようで(私の周り)、画面の小ささから使いにくさを感じるという悩みの声もありました。

    そこで無料でどうにか良い方法はないかなあと色々検索した結果、めちゃくちゃ良い方法がありましたのでご紹介します。

    やはりGoogle は強かった…


    その良い方法とは Google ドキュメントを使用することです。 Gmail や Google カレンダーは使っていても、 Google ドキュメントを使用したことのある方は意外に少ないのではないかと思います。

    私も音声入力の方法を色々試すまで、 Google ドキュメントは数えるほどしか使ったことがありませんでした。できることはほとんどマイクロソフト社のオフィスソフト「Word」と同様ですので、私を含めビジネスマンの方の多くの方はそちらを使用されているのではないでしょうか。

    しかしながら、この Google ドキュメントに音声入力機能が備わっているとは全く知りませんでした。

    使い方はいたって簡単で、 Google ドキュメントのページを開き、 Word 画面様のページになったところで、

      画面上部にある「ツール」 タブをクリックします。すると中に「音声入力」というコマンドがありますのでそれをクリックするだけです。

    後はマイクのアイコンが出てきますので、 音声入力が開始されます。

      

    性能は?

    音声の正確な取得率、適切な単語および漢字、英語への変換率、ともに非常に素晴らしいです。おそらくアップル社のリモートマウスを上回ります。さすが検索サイトなどのサービスを用いて世界中の情報から成り立つビックデータを保有する Google です。日本語への浸透率もハンパじゃありません。

    ぶっちゃけドラゴンスピーチ買ったことを少々後悔しています。誤変換の程度が圧倒的に Google のが上です。強いて言えば、ドラゴンスピーチ「、」や「。」も音声で入力できたのですが(「てん」「まる」といえば変換してくれる)、 Google ドキュメントではそのような機能はなく、 キーボードの併用がマストになるくらいです。ただ、ほとんど気にはなりません。

    従って 、2018年3月の私が最もおすすめする音声入力の方法は「 Google ドキュメントの音声入力」方法です。

    以上ご参考ください。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です