時事ネタ

    なぜ日本人は現金支払に固執し、小銭払いに躍起になってコンビニで長蛇の列をつくるのか?

    先日、日経新聞より下記の記事が掲載されていましたので私見を交えて取り上げてみたいと思います。

    【『現金大国 コスト2兆円』「銀行、構造改革の課題に」=ATM維持や輸送=】

     

    皆さんの周りで1,000~2,000円程度の小額決済の買い物にクレジットカードを使う人は、あまり多くは無いのではないでしょうか。またコンビニや自販機、タクシーの支払手段として、PASMOやSuica等といった電子決済を使わず、財布を取り出す人も多くはないのでは無いでしょうか。

    世界でもまれに見るレベルで現金至上主義民族 日本人

    先日中国へ旅行に行った際、コンビニからショップ、はては路地裏の屋台でも現金を使っている人はほとんどおらず、皆スマートフォンのアプリ、AliPayまたはWeChatPayで決済を行っていました(AliPayはアリババ、WeChatPayはテンセントが展開するスマホ決済サービス)。そのため若者の間では、財布を持たずスマートフォン1つで買い物に行く人が非常に増えているとの事でした。

    現に私がコンビニで現金を取り出すと、その人は私の顔と支払った紙幣をジロジロと見ており、何をしてるのかと聞くと偽札じゃないかと疑っていました。後から調べてわかったのですが、キャッシュレス化は世界で進んでいますが、中国のような現金そのものに対しての信頼度が少ない国ではその速度は著しく、クレジット等より最先端な電子決済の支払いが浸透しているとのことでした。逆に、日本のような現金に対しての信頼度が高い国は、現金以外の決済手段の浸透はゆっくりとのことです。

    中国から帰国後、AliPayやWeChatPayは使えないため、試しに1ヶ月ほど支払いをクレジットとPASMOだけにしてみたのですが。これが非常に便利で、買い物時に現金を支払うという週間が完全になくなりました(決済できないときは現金ですが…)。

    よく、残額が確認出来ないからクレジットは怖い、という意見を聞きますが、最近はアプリ1つで残高がは確認できますから、そんなことはありませんし、浪費癖がなければ無駄遣いをすることは、まずありません。

    初っ端から話が横道にそれてしまいましたが、日本人は非常に現金が好きということを述べたかったのです。そしてその現金好きの文化が、銀行の財政を著しく圧迫しています。

    現金決済のため、年間2兆円もの維持費がかかっている

     

    日本でこれほど現金決済がすすんだ大きな理由にATMがあります。最初は窓口でしかできなかった現金の出し入れが、ATMのおかげで、今では夜間でも早朝でも現金を取り出すことができます。

    しかしながら、その利便性は大きな労力・金額によって支えられており、ATMの管理・維持・輸送コストからATMを監視する警備員や使い方をサポートする事務員の人件費まで含めて、その額なんと年間2兆円に上ることがボストンコンサルティンググループの調査結果より明らかになりました。

    さらに、その膨大なコストを削減するために銀行間でATMを共有化しようと試みましたが、銀行間で通帳の仕様が異なるため共有化は不可能であることが判明し、重いコストの解消は難航しているとのことです。

    少しでもコストを軽くしようと、各機関が進める構造改革では今後ATM機の再建も視野に入れているとのことです。しかしながら、その必要は本当にあるのか疑問を感じます。管理費や維持費・輸送費など、すべて電子決済化させてキャッシュレス化を進めてしまえば、良いのではないでしょうか? 一定数のATMは必要ですが、すくなくとも銀行の財政を圧迫するような規模は間違いなく不要の世界に様変わりします。

    中国の電子決済、アメリカのクレジット利用率はもちろん、韓国も金大中の時に現金からクレジットに移行していますし、欧州ではデビットカードが流行っています。インドも昨年あたりに高額紙幣を廃止しましたが、自殺者が一人出ただけで特に大きな支障なく決済手段は電子に移り、決済自体は問題無く行われています。

     

    上記にも述べましたが、クレジットカードやSUICA等を用いた電子決済がとても簡便で、一度慣れてしまうともう現金払いには戻れません。この便利といった側面は、支払い側のみならず受け取る側でも同様で、cashの出入りが全て電子化されているため、管理コストが大幅に下がります。2017年11月6日より、大手ファミレスのロイヤルホストが 「現金払いお断り」のお店を東京都で試験運用していることからも、その様子が伺えます。

    脱税等の防止といった意味でも、電子決済はキャッシュの動きがすべて見える化されるためとても有益です。現金への信頼度が高いことは素晴らしいことだと思いますが、現代の技術に合わせて、無駄なコストを削減する動きをより活発化させることが望ましいのではないでしょうか。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です